広島ブログ 広告 広告 広告
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯉オヤジの日常日記

広島カープ情報をメインに、食べ歩き、映画、生活お役立ち情報、日々の思い等、思い切りごちゃまぜのブログです!!

二日酔いから早く立ち直るには?

 

症状はさまざまです

 

私も時々経験しますが生きていれば、酒が飲めれば誰しも一度は体験している二日酔い。

一口に二日酔いといっても症状はその都度一緒では有りません。

頭痛、吐き気、めまい、むかつき。

実態には2種類有るそうです。

アルコールは肝臓で分解されますが、まず第一は大量のアルコールを摂取した為に分解が追いつかず、朝になっても体内に残っている状態。

第二は分解の過程で生成されるアセトアルデヒドが引き起こす、頭痛や吐き気。

いわゆる悪酔いですね。

どちらの場合も楽になる為にはこれらの物質を早く分解、あるいは排出する必要が有ります。

その為に欠かせないのが水分の補給という訳ですね。

私は二日酔いでも頭が痛くなる事は滅多に有りませんが、一番多いパターンは胃がムカムカして食欲が無いやつです。

後は何とも言えない倦怠感で動きたくなくなります。

当日が仕事が休みの時は食べずに寝ていれば良いのですが、仕事の日に二日酔いだと気合いと根性で頑張るしかないですね(笑)

後は二日酔い用のドリンクですか。

食欲が少しでも有ればお粥とかお茶漬けパンとかを食べますが・・

まあ、消化の良い物を食べた方が良いでしょう。

しじみが良いとか言いますが即効性が有る様な感じはしませんね。

人に聞いてみると色んな事をやってるみたいです。

起きたらすぐに熱いシャワーを浴びる、牛乳を飲む、スポーツドリンクを飲む、砂糖を入れた生姜湯を飲む、トマトジュースの蜂蜜入りを飲む、セロリのジュースを飲む、ただただ水をガブ飲みする、果汁100%のジュースを飲む、ウーロン茶の炭酸割を飲む等皆さん色んな方法をお持ちの様ですが何となく自己暗示の様な(笑)

まあ、自分的に効果が有ると思える方法で有れば良い訳ですが、その方法が万人に効くとは思えませんね。

じゃあ万人に効く方法ってないのか?

お医者さんに聞いた事が有るのですが、「点滴が一番効く」という事でした。

1本500CCの点滴を2本も打てばかなりスッキリする。

時間は2時間位掛かるという事でした。

点滴により血中アルコールを尿として排出し、不快感の原因の一つである脱水を改善させる事も出来る。

また、アルコールを分解する為にも水分は欠かせない。

水を飲んでも良いという事ですが二日酔いで胃が痛む、ムカムカする様な時に大量の水を飲むのは辛く厳しいので点滴をお勧めするということらしいです。

点滴の成分ってご存知の方もいらっしゃるでしょうけど、特に医療関係者には当たり前の事と思いますが、なんの事は無い、生理食塩水、もしくは5%のブドウ糖溶液です。

まあ、もし点滴をして貰うのでしたらくれぐれも大病院には行かないで下さい。

待ち時間は長いですし患者も多いので、二日酔いなので点滴をしてくれなどとお願いすれば間違いなく嫌がられるでしょうから。

そもそも病気では無く時間が経てば良くなる事なので(笑)

行きつけの個人病院か知り合いの医者なら対応してくれるでしょうからどうしても点滴を望まれる方はこちらをお勧めします。

まあ、大事な用が有る時は前日に二日酔いするほど飲まないと思いますが、大事な接待でどうしても飲まなければならなかったが午後から大事な会議が有る、大事なプレゼン

が有るとかの場合は有効だと思います。

生きていれば色んな事が有りますのでこういう方法も有るという事を知っていれば役に立つ事も有るかも知れません。

ただし、2時間程度掛かりますのでその時間も確保しなければなりませんのでお忘れなく。

 

 

 

まさかドラに3連敗とは・・・

 

f:id:cleaner1962:20170521200855p:plain

 

カープVSドラゴンズ第7回戦~9回戦の振り返り

 中々波に乗り切れませんね。

失礼ながら今のドラゴンズに3連敗するようではカープのチーム力は高くはないでしょう。

当面は勝ったり負けたりで貯金5付近をウロウロしそうです。

まあ、中崎とジョンソンがファームで登板しだしたので5月末~6月始め位には復帰できそうです。

この2人が復帰してからですね。

何といっても先発の柱とクローザ―ですから復帰すれば戦力アップは間違いありませんし優勝争いする為には欠かせないピースです。

 

7回戦ではジャクソンが2ランを浴び、ついに今季初失点しました。

まあ、1年セットアッパーの位置で投げて無失点とかあり得ませんし、それでもまだ防御率は0点台です。

ただ、昨季のジャクソンは失点すると次の登板も続けて失点することが何度か有ったので、ここが心配です。

このゲーム、負けはしましたが9回表に2死ランナー無しから追い付き延長戦まで持ち込んだ粘りは見事でした。

先発の岡田は5回を2失点ですが内容は余り良くなかったと思います。

 

8回戦は九里が好投しましたが、2回の西川のエラー、そしてこの日セカンドに入った安部の判断ミスから失点に結びついたプレーが痛かったです。

6-4-3の併殺は取りましたがファーストでなく3塁へ送球しセカンドランナーを刺しておけば失点は防げたかもしれません。

セカンドランナーは中途半端な走塁をしたのでセカンドからサ―ドへ送球しておけば間違いなくアウトにできたタイミングでした。

6-4-5の併殺が出来ていればベストだったのですが・・・

この日菊池がゲームを欠場しましたが、菊池が欠場した4試合は全て負けています。

彼は打つ方も守る方もキーマンですし、他の選手がセカンドに入るとやはり守備が見劣りします。

菊地の守備レベルが高過ぎて我々も目が肥え過ぎなのでしょうね。

まあ、安部、西川共に打撃は好調なのでこれからもどんどん起用されるでしょうからこれからのゲームで失敗した分は取り返してもらいましょう。

 

9回戦は先発の福井が今回もピリッとしませんでした。

その後登板した一岡、薮田も失点し追い上げムードに水を差しました。

味方が点を取り追いつきかけたところでまた失点するでは士気が下がります。

 

ドラゴンズのビシエドが調子を上げてきているようですのでこれからも要注意です。

 

 次戦へ向けて

次は移動日を1日挟んで地元でのスワローズ戦です。

ここは何故か2連戦になっていて25日(木)はゲームがないのでローテーションが少し楽になります。

先発投手は初戦が野村とブキャナン、2戦目はカープは大瀬良で間違いないと思いますがスワローズは予想が難しいですね。

由規を中6日で回すのかそれともしばらくはもっと間を空けるのかによります。

由規でなければ石川か山中ではないかと思います。

大瀬良は前回の登板で勝ち星は付かなかったのですが、中々良いピッチングでしたのでこの内容を続けて欲しいと思います。

 

 

 

2017年5月19日(金)

ナゴヤドーム 試合時間 - 3:40 ( 開始18:00 終了21:40 )  入場者 - 26,315
7回戦 ( [中]1勝5敗1分 )
 
広島東洋 0 0 0   0 1 1   0 0 1   0 - 3 7 0
中 日 0 1 0   1 0 1   0 0 0   2X - 5 11 0
( 延長10回 )
勝投手 : 佐藤 ( 2勝0敗 )
敗投手 : ジャクソン ( 0勝1敗 )
本塁打 : [中] ゲレーロ 8号 ( 6回1点 中田 )
  [中] ビシエド 7号 ( 10回2点 ジャクソン )
  広島東洋
  中 日
   





(遊) 田中 4 2 0 0 1 2
(二) 菊池 4 3 2 1 0 0
(中) 4 0 0 1 0 1
(右) 鈴木 5 1 0 0 0 1
(左)一 エルドレッド 4 0 0 1 0 1
(一) 新井 4 0 0 0 0 1
會澤 1 0 0 0 0 0
(三) ペーニャ 4 0 0 0 0 3
(捕) 石原 3 1 1 0 0 1
安部 1 0 0 0 0 1
今村 0 0 0 0 0 0
ジャクソン 0 0 0 0 0 0
(投) 岡田 2 0 0 0 0 2
松山 1 0 0 0 0 0
中田 0 0 0 0 0 0
一岡 0 0 0 0 0 0
西川 0 0 0 1 0 0
走左 野間 0 0 0 0 0 0
   





(遊) 京田 5 2 0 0 0 0
(二) 荒木 5 2 0 0 0 0
(中) 大島 5 1 0 0 0 0
(一) ビシエド 5 1 2 0 0 0
(右) 平田 2 0 0 2 0 1
(左) ゲレーロ 4 1 1 0 0 2
工藤 0 0 0 0 0 0
(三) 亀澤 4 1 0 0 0 3
(捕) 松井雅 4 2 2 0 0 2
(投) 小笠原 2 1 0 0 0 1
伊藤 0 0 0 0 0 0
岩瀬 0 0 0 0 0 0
井領 1 0 0 0 0 1
三ツ間 0 0 0 0 0 0
田島 0 0 0 0 0 0
福田 1 0 0 0 0 0
佐藤 0 0 0 0 0 0
   
 





  岡田 5   22 7 2 0 4 2
  中田 1   4 1 0 0 2 1
  一岡 2   7 1 0 0 2 0
今村 1   3 0 0 0 2 0
ジャクソン 0 .2 4 2 0 0 0 2
   
 





  小笠原 5 + 23 5 3 0 6 2
  伊藤 1   4 1 0 0 1 0
岩瀬 1   3 0 0 0 1 0
三ツ間 1   3 0 0 0 1 0
  田島 1   6 1 1 1 3 1
佐藤 1   3 0 0 0 1 0
 
 
 
 
2017年5月20日(土)
 
ナゴヤドーム 試合時間 - 3:04 ( 開始14:00 終了17:04 )  入場者 - 34,306
8回戦 ( [中]2勝5敗1分 )
 
広島東洋 0 0 0   1 0 0   0 0 0 - 1 6 1
中 日 0 1 0   0 0 1   0 0 X - 2 9 0
勝投手 : 又吉 ( 3勝0敗 )
敗投手 : 九里 ( 3勝4敗 )
セーブ : 田島 ( 10セ )
  広島東洋
  中 日
   





(遊) 田中 3 1 0 1 0 0
(三) 西川 3 0 0 0 0 0
新井 1 0 0 0 0 0
上本 0 0 0 0 0 0
(中) 3 1 0 1 0 0
(右) 鈴木 3 0 0 1 0 1
(二) 安部 3 1 1 1 0 1
(一) 松山 4 1 0 0 0 0
堂林 0 0 0 0 0 0
(捕) 會澤 4 1 0 0 0 0
(左) 野間 3 1 0 0 0 0
(投) 九里 2 0 0 0 0 2
エルドレッド 1 0 0 0 0 0
薮田 0 0 0 0 0 0
   





(遊) 京田 4 1 0 0 0 0
(二) 亀澤 3 2 0 0 0 0
(中) 大島 3 1 0 1 0 0
(一) ビシエド 4 1 0 0 0 1
(右) 平田 3 0 0 1 0 2
(三) ゲレーロ 3 0 0 1 0 0
堂上 0 0 0 0 0 0
(左) 藤井 3 2 1 0 0 0
(捕) 松井雅 3 2 0 0 0 1
(投) 又吉 2 0 0 0 0 1
井領 1 0 0 0 0 0
三ツ間 0 0 0 0 0 0
岩瀬 0 0 0 0 0 0
田島 0 0 0 0 0 0
   
 





九里 7   27 8 1 0 4 1
  薮田 1   6 1 2 0 1 0
   
 





又吉 7   25 4 3 0 3 1
三ツ間 0 .2 2 0 0 0 0 0
岩瀬 0 .1 2 1 0 0 0 0
田島 1   5 1 1 0 1 0
 
2017年5月21日(日)
 
 
ナゴヤドーム 試合時間 - 3:26 ( 開始14:00 終了17:26 )  入場者 - 33,515
9回戦 ( [中]3勝5敗1分 )
 
広島東洋 0 0 1   0 0 0   1 2 0 - 4 7 1
中 日 1 0 1   0 2 0   1 2 X - 7 9 0
勝投手 : 吉見 ( 1勝4敗 )
敗投手 : 福井 ( 1勝2敗 )
セーブ : 田島 ( 11セ )

 

本塁打:[広]田中(7回ソロ 伊藤

   [中]ゲレーロ(8回ソロ薮田)

 

 

広島東洋
  中 日
   





(遊) 田中 4 1 1 1 0 1
(二) 菊池 5 0 0 0 0 2
(中) 5 3 0 0 0 0
(右) 鈴木 2 1 1 2 0 0
(三)一 安部 4 0 1 0 0 1
(一) エルドレッド 3 1 0 1 0 0
上本 0 0 0 0 0 0
薮田 0 0 0 0 0 0
(左) 松山 3 1 0 1 0 0
走左 堂林 0 0 0 0 0 0
(捕) 會澤 3 0 0 0 0 0
打三 西川 1 0 1 0 0 0
(投) 福井 2 0 0 0 0 0
ペーニャ 1 0 0 0 0 1
一岡 0 0 0 0 0 0
野間 1 0 0 0 0 0
石原 0 0 0 0 0 0
   





(遊) 京田 4 2 1 1 0 0
(二) 亀澤 2 0 0 0 0 0
(中) 大島 3 2 2 0 0 0
(一) ビシエド 3 2 3 1 0 0
(右) 平田 4 0 0 0 0 3
藤井 0 0 0 0 0 0
(左) ゲレーロ 3 1 1 0 1 1
田島 0 0 0 0 0 0
(三) 堂上 3 0 0 1 0 1
(捕) 木下拓 3 1 0 0 0 1
岩瀬 0 0 0 0 0 0
三ツ間 0 0 0 0 0 0
打左 工藤 0 0 0 0 0 0
(投) 吉見 2 0 0 0 0 1
伊藤 0 0 0 0 0 0
打捕 松井雅 2 1 0 0 0 0
   
 





福井 6   26 6 0 1 6 3
  一岡 1   6 1 2 0 1 1
  薮田 1   6 2 1 0 0 2
   
 





吉見 5   20 3 2 0 2 1
伊藤 2   9 2 1 0 3 1
  岩瀬 0 .1 3 1 1 0 0 2
三ツ間 0 .2 4 1 1 0 0 0
田島 1   3 0 0 0 0 0
 

 

頼もしいカープの若武者達

 

 

 

f:id:cleaner1962:20170519005637p:plain

 

 

 

カープVSベイスターズ第9回戦

 やり返した!

今日は勝ちました。

中村佑太、1回表の投球はひやひやしました。

初回は2点で何とか終わりましたが、正直、5回まで持ちそうもないので継投が心配になりました。

また中継ぎ陣が登板過多で悪循環に陥るのではとか頭によぎりました。

しかし、この若者は見事に乗り切りました。

6回までこの2失点だけで投げ切りました。

2勝目オメデトウ!!

次は先発か中継ぎか分からないようなのでまだベンチの信頼は得られていないようですが、与えられたところで結果を残せばまたチャンスが貰えるでしょう。

 

昨日、守備で出敗した選手が下を向かずに頑張ってくれました。

誠也は練習の時から怒りの表情で打ちこんでいたそうですので今日は期すものがあったのでしょう。

安部ちゃんもまたスタメンで1安打1四球と役割を果たしていました。

打線に関しては今は何も言う必要がない位結果を出してくれています。

後は先発投手陣の整備ですね。

連勝は止まったけれどカードは2勝1敗とまた勝ち越しました。

これが大事です。

 

今日は文句ないゲーム

逆転、中押しで13安打9得点、失点も初回の2点のみ。

ナイスゲームだったと思います。

特に中継ぎの中田、薮田が調子を取り戻したようです。

休みが効いていますかね。

打線の大量援護によりジャクソン、今村も使わずに済みました。

相手が筒香使えなかったのもプラスだったでしょうね。

13安打9得点で失点も初回の2点のみ。

与四球も2個だけですから圧勝です。

失策0で打線の集中打もお見事なので今日は言う事無しです。

 

次のカード、ドラゴンズ戦の見どころ

初戦の予告先発投手は、岡田と小笠原と発表されています。

小笠原投手は今季ここまで2試合に登板し、6イニングを投げ0勝1敗、防御率4.50です。

岡田投手は今季ここまで7試合に登板し、48イニングを投げ4勝1敗、防御率3.56です。

バリバリのローテーション投手対これからの若手投手ですので岡田投手は負ける訳にはいけません。

まあ、小笠原君もドラ1の有望選手ですし、昨季は高卒ルーキーながら15試合に登板し2勝6敗と負けが先行してはいるものの72回1/3を投げ防御率は3.36となかなかのものです。

私は、ここ数年のうちにドラゴンズのエース級左腕になると見ています。

なので今のうちにカープに苦手意識を植え付けておきましょう(笑)

岡田はロ―テ投手はもう当たり前で、二桁勝利、オールスター出場を目指して頑張りましょう。

背番号を目指して勝ち星増やしていっても構いません。

あの速球は魅力有ります。

大竹の若い時を思い出します。

まず、今年は二桁勝つ事ですね。

 

では、また。

 

 

 

カープ、難しい負け

f:id:cleaner1962:20170518030034j:plain

さて、どう言えばいいのか、

カープVSベイスターズ第8回戦

 

 

なぜ負けたのでしょうね?

投手リレーの失敗ですか?

色々原因は有るでしょうけど何だかマカ不思議な負けでした。

7回裏に見事な逆転劇を果たし8回はジャクソンがいつものように0に抑え3点差だから勝ったね!

と球場のファンも思ってたでしょう。

この後は祝勝会で大いに飲むかとか相談してたのでしょうけど、

ところがどっこい、野球は筋書きの無いドラマですからそうはいかない。

大ドンデン返しでした。

 

誠也が前に突っ込み過ぎて後逸、これもう今シーズン2回か3回見たような光景ですね。

無理にでも突っ込み取りに行くのもケースによってはOKでしょうが、あの場面で必要だったのか?

その前に安部のエラーも有った、10回には一岡のエラーも有った。

これだけ色々有れば負けても不思議ではない訳です。

誠也のプレーについては河田コーチが取れそうなら行けとの教えらしいです。

先日もギリギリで捕球したシーンが有りましたね。

ただ、個人的な意見として私は外野手は後ろに誰もいないのだからあそこまでのプレーは局面を考えてリスクの少ない場面だけにすべきではないかと思います。

飛び込んで最低限後ろにそらさない守備が出来ればやっても良いと思いますがそれが今の誠也には出来ていないので次期尚早ではないのでしょうか?

 

いずれにせよ今日はいくつもミスが有ったから負けても不思議ではなかったという事ですね。

明日はまた若い中村佑太の二度目の先発なので切り変えて野手は援護しましょう。

 

方程式は無い

敵ながら6回までウイーランド、見事な投球でした。

7回になったら代えてくれてラッキー!とファンもベンチも選手も正直思ったのではないでしょうか?

少なくとも私は思いました。

結果、7回裏見事に4得点で逆転しましたが、これは結果論です。

でも、この日のウイーランドは後1、2回は投げてくると思えたので続投だったらどうだったでしょうか?

あの出来で球数101球で交代だったのは何かあったのでしょうかね?

ここまではカープにとってはラッキーだったのですが・・・

 

やはり3点リードで1イニングを守れない野球ではだめですね。

2点まではやっても良いのです。

勝つ為のゲームプランをたてればよいので。

二人ランナーを出しても三人目を出さなければ良い、ホームランを打たれなければ良い、そのゲームに勝てば良いので。

その為にシュチエ―ションごとのプレーを考えなければならない。

その辺はキャンプでも練習してきているのでしょうけれど・・

勝つためにはケースバイケースの対応が必要です。

勝つ為の方程式は無くその都度選手が考えてプレーし、対応する事。

今季ここまで無失点のジャクソンは立派ですが明日は大量失点するかもしれません。

それでも責任はベンチに有り、その前に交代させるのがベンチの仕事です。

シーズン100勝はファンも求めてませんからいくつかの負けは構いません。

今日は7回の選手起用も当たって逆転していますし今季の采配が悪いとは思いません。

明日からはまた切り替えて勝ちに行きましょう!

中村佑太のピッチング、楽しみにしています。

個人的には坂倉捕手が1軍に上がってくるのを楽しみに待っています。

では、また。

 

 

         2017年5月17日(水)

マツダ 試合時間 - 3:23 ( 開始18:00 終了21:23 )  入場者 - 30,330
8回戦 ( [広]3勝5敗0分 )
 
横浜DeNA 0 0 0   0 0 1   0 0 3   1 - 5 6 0
広島東洋 0 0 0   0 0 0   4 0 0   0 - 4 10 3
( 延長10回 )
勝投手 : 山﨑康 ( 1勝1敗 )
敗投手 : 一岡 ( 1勝2敗 )
セーブ : パットン ( 7セ )
本塁打 : [デ] ウィーランド 1号 ( 6回1点 大瀬良 )
  [広] 田中 1号 ( 7回2点 三上 )
  横浜DeNA
  広島東洋
   





(中) 桑原 5 0 0 0 0 1
(右) 梶谷 4 1 0 1 0 2
(一) ロペス 4 0 1 0 0 0
(左) 筒香 4 0 0 1 0 1
パットン 0 0 0 0 0 0
(三) 宮﨑 4 1 2 0 0 0
走三 柴田 0 0 0 0 0 0
(捕) 戸柱 4 1 1 0 0 0
(二) 石川 4 1 0 0 0 0
(投) ウィーランド 2 1 1 0 0 1
三上 0 0 0 0 0 0
砂田 0 0 0 0 0 0
乙坂 1 0 0 0 0 0
田中健 0 0 0 0 0 0
山﨑康 0 0 0 0 0 0
エリアン 0 0 0 1 0 0
荒波 0 0 0 0 0 0
(遊) 倉本 3 1 0 0 0 0
   





(遊) 田中 5 3 2 0 0 0
(二) 菊池 4 1 0 1 0 0
(中) 5 0 0 0 0 2
(右) 鈴木 5 1 1 0 0 1
(三) 安部 5 2 0 0 0 0
(一) エルドレッド 3 0 0 1 0 3
(左) 松山 3 1 0 0 0 0
走左 野間 1 0 0 0 0 0
(捕) 會澤 3 1 0 0 0 0
(投) 大瀬良 2 0 0 0 0 1
西川 1 1 1 0 0 0
ジャクソン 0 0 0 0 0 0
今村 0 0 0 0 0 0
ペーニャ 1 0 0 0 0 1
一岡 0 0 0 0 0 0
   
 





  ウィーランド 6   24 5 2 0 3 0
  三上 0 .1 5 4 0 0 0 4
  砂田 0 .2 3 1 0 0 1 0
  田中健 1   3 0 0 0 1 0
山﨑康 1   3 0 0 0 1 0
パットン 1   3 0 0 0 2 0
   
 





  大瀬良 7   24 3 0 0 3 1
ジャクソン 1   4 1 0 0 0 0
  今村 1   6 2 1 0 1 2
一岡 1   6 0 2 0 1 0

 

 

カープ3連勝、尾道では5連勝!

 

f:id:cleaner1962:20170517114843j:plain

 

カープVSベイスターズ第7回戦

終わってみれば10対1と圧勝でした。

しかし、序盤4回までは先発の濱口投手の前に無安打5三振と封じ込められていました。

特に2回は三者連続三振を奪われています。

全回対戦でも5回1得点と抑えられており今後も苦戦が予想されます。

ルーキーでもあり今後の伸びしろを考えると投球を分析し対策が必要かと思います。

4回1/3で6四球と制球にも難が有りますがこの辺が改善されれば更にやっかいな投手になりそうです。

ベイスタ―ズは、石田、今永、濱口と3人も若くて質の良い左投手を抱えていて羨ましいですね。

 カープのスカウト陣はこの3投手をピックアップしてなかったのでしょうか?

それともフロントが獲得の意思を見せなかったのでしょうか?

先発にもリリーフにも左投手不足のカープの重点課題(緊急補強箇所)だと思いますので今後のスカウティングでも優先して欲しく思います。

 

エースの落ち着き

この3連勝は先発投手がゲームを作れている事が大きいですね。

岡田、九里、野村と大崩れせず先発の責任を果たしているから好調な打線と絡み、結果大勝に繋がってきています。

今季の野村はここまで1度も大崩れが無く、安定した内容の投球を見せてくれています。

やはり、昨年の活躍、数字を残せた事が自信に繋がっているのでしょう。

防御率も菅野に次いでリーグ2位に浮上してきました。

ベイスターズ戦の勝利は3年ぶりらしいですが地方球場に強くこれで4連勝だそうです。(昨季3連勝)

ランナーを出しても慌てず、カウントを悪くしても四球は出さず落ち着いて制球出来ていました。

加藤、岡田辺りは彼の投球を参考にして欲しいです。

 

打の方のヒーローは田中でしょうか。

2安打3打点、四球も2個選び5打席で4度出塁しています。

打線は得点したのは5回と8回だけですが、いずれも集中打でそれぞれ5得点をあげています。

このゲームは9安打ながら10得点と非常に効率の良い攻めでした。

やはり先発投手がゲームを作ると今のカープ打線ならかなりの確率で勝ちゲームとなります。

後の先発投手も続いて欲しいです。

 

第8回戦の見どころ

予告先発投手は大瀬良とウイーランドと発表されています。

私の予想では、第9回戦でこの二人が先発だったのですが1戦早まりました(笑)

ウイーランドは今季ここまで6試合に登板し、37回2/3を投げ、3勝0敗、防御率2.63と好成績です。

対する大瀬良は今季ここまで6試合に登板し、37回1/3を投げ、1勝0敗、防御率4.10ですが直近2試合続けて6失点しKOされています。

この2試合でかなり防御率を落していますがそれまでは1点台でしたのでこの辺で持ち直して欲しいですね。

 彼はロ―テに必要な投手だと思いますが、このまま不調が続くようだと配置転換か2軍落ちも有るかもしれません。

まずは今日ゲームを作る投球をする事です。

 

ウイーランドは右投げですので今日は安部、松山辺りの起用が予想されます。

西川のスタメンも有るかもしれませんね。

新井選手が少し不調に陥っているようで心配です。

 

安部選手について

先日、中国新聞のカープコラム「球炎」へ掲載された記事が良いと思ったので取り上げようと思うのですが、そのまま掲載すると著作権等問題が有るでしょうから要旨だけを記述します。

 購読されてる方は読まれたかと思いますがどう感じましたか?

 

安部は昨年の日本シリーズという大舞台で有形の財産を得た。

日ハムのある投手から間合いを取る為普段より大げさに右足を高く上げて打ち、ライト前へタイムリーヒットを打った。

その時に手ごたえを感じフォームを改造しそれまではタイミングを取るのが下手だったが合わせられるようになってきた。

この日は左腕の田口が先発なのでスタメンを外された様だが、まだ左の変化球には弱いとベンチには見られている様だ。

しかし、8回に代打出場すると左腕の乾からライト前ヒットを打った。

これで左腕から3打席連続安打。

打率も対左投手が.375で右投手が.371で対右を上回った。

左投手が苦手という印象を覆させる大仕事。

もう何年も指摘され続けている「正三塁手不在」の難問に大きくゆったりとしたスイングで挑みかかる。

 

「球炎」は辛口のコラムですが、間近で見ている記者ならではの見方、情報等有益な内容の記事が掲載されています。

多分、選手や首脳陣、フロントも読んでいる人がいると思いますが、こんな事書いて取材しにくくならないかな、大丈夫なのだろうか?

と心配になる事も有りますが、そこは愛情が感じられるから皆、受け止めているのでしょうね。

県外のカープファンの方は広島へ来られたら是非一読下さい。

では、また。

 

 

2017年5月16日(火)

尾 道 試合時間 - 3:45 ( 開始18:01 終了21:46 )  入場者 - 13,588
7回戦 ( [広]3勝4敗0分 )
 
横浜DeNA 0 0 0   0 1 0   0 0 0 - 1 5 0
広島東洋 0 0 0   0 5 0   0 5 X - 10 9 2
勝投手 : 野村 ( 3勝1敗 )
敗投手 : 濵口 ( 2勝3敗 )
横浜DeNA
  広島東洋
   





(中) 桑原 4 0 0 0 0 2
(右) 梶谷 4 1 0 0 0 2
(一) ロペス 4 1 0 0 0 0
(左) 筒香 3 0 0 1 0 1
(三) 宮﨑 2 1 0 1 0 1
柴田 0 0 0 1 0 0
(二) 石川 4 0 0 0 0 1
(捕) 髙城 2 0 0 0 0 0
エリアン 1 0 0 0 0 1
田中健 0 0 0 0 0 0
尾仲 0 0 0 0 0 0
乙坂 1 0 0 0 0 0
(投) 濵口 1 0 0 0 0 0
須田 0 0 0 0 0 0
加賀 0 0 0 0 0 0
打捕 戸柱 2 1 0 0 0 0
(遊) 倉本 3 1 1 0 0 0
   





(遊) 田中 3 2 3 2 0 0
(二) 菊池 4 2 1 1 0 0
(中) 3 0 1 2 0 0
(右) 鈴木 4 0 1 0 0 1
(左)一 エルドレッド 3 0 0 1 0 3
走一 安部 0 0 1 1 0 0
(一) 新井 2 0 0 1 0 1
野間 2 1 0 0 0 0
(三) ペーニャ 4 1 0 0 0 1
(捕) 石原 3 2 1 0 0 1
(投) 野村 2 0 0 1 0 1
ジャクソン 0 0 0 0 0 0
松山 1 1 2 0 0 0
ブレイシア 0 0 0 0 0 0
   
 





濵口 4 .1 21 3 6 0 5 5
  須田 0 .2 2 0 0 0 1 0
  加賀 1   4 1 0 0 1 0
  田中健 0 .2 3 1 0 0 0 0
  尾仲 1 .1 12 4 3 0 1 5
   
 





野村 7   28 5 2 0 8 0
  ジャクソン 1   3 0 0 0 0 0
  ブレイシア 1   4 0 1 0 0 0

何故かジャイアンツには強いカープ

 

f:id:cleaner1962:20170514191344p:plain

f:id:cleaner1962:20170514191715p:plain

 

カープVSジャイアンツ第8回戦

この日が対ジャイアンツ8回戦ですが、対戦成績はカープの7勝1敗となりました。

今日も終わってみれば8対1と大差での勝利でした。

唯一負けたゲームってどんなだったか覚えてないので調べてみると、菅野対野村の投げあいで菅野に完封負けしたゲームでした。

都合の悪い事は忘れる脳を持っています(笑)

 

今年もホームゲームは強く、これでマツダスタジアム7連勝です。

やはりスタンドの雰囲気がプラスに働くのでしょうね。

タイガースも勝ったので首位とのゲーム差は変わらずですが、故障者が戻ってくるまでは5割以上をキープ出来ていれば良いかと思います。

まずは、投手陣の整備からです。

 

4番の一発と先発投手の好投

今日の勝因はこの二人の活躍ですね。

勿論、マルチヒットの田中と丸も頑張ってくれました。

誠也はここで打って欲しいという場面で打てる打者に成りつつあります。

1対1で膠着状態だったゲームを動かす一発でした。

あそこからカープに流れがきた感じでした。

 

九里が久しぶりに良い投球を見せてくれました。

6回を投げ被安打3の1失点(自責点1)とゲームを作れたことで本人もホッとした事でしょう。

先発落ちの危機でしたから。

1回と6回以外は危なげない投球だったように思います。

特に6回の2死満塁のピンチを抑えた事がその後の大勝に繋がったのではないでしょうか。

連続して四球を出したので何だか大量失点しそうなやばい雰囲気でしたが、代打村田を抑えて事なきをえました。

これで乗って行ってくれたら良いのですが・・

続けて好投出来なければベンチの信頼は得られませんので、次回の登板もゲームを作る投球を見せて欲しいところです。

 

次戦へ向けて

次はホームでのベイスターズ戦ですが16日(火)だけは尾道での開催となります。

今季ここまで2勝4敗と分が悪い相手です。

筒香も少しづつ調子を上げて来ているようですので要注意です。

先発投手は、初戦が野村と濱口、2戦目が福井と平良、3戦目が大瀬良とウイーランドと予想します。

苦手の今永はロ―テ的に今回の対戦での登板は無いと思いますが、初戦に投げそうな濱口には前回の対戦で良い投球をされて手こずりました。

左投手なのでラインナップには新井とエルドレッドが起用されそうです。

最近、小窪が起用されなくなりました。

ペーニャが1軍へ上がってきた事で出番が減りましたが腐らず準備して状態を上げて欲しいと思います。

彼の勝負強さは代打で光ります。

コンスタントに1年間好調が維持できないとレギュラー獲得は難しいですが、代打の切り札的な選手もベンチには必要です。

人間、向き、不向きは有りますので起用されたところで力を発揮してくれれば良いと思います。

 

月末からは交流戦が始まります。

カープは交流戦を苦手としてきましたが昨年は大きく勝ち越しリーグ優勝へ勢いをつけました。

今年はどうなりますかね?

私は、ロッテ戦を観戦予定です。

年に一度のパリーグとの対戦、楽しみにしています。

大谷君が見たいのですが、出て来たとしても今年の日ハム戦はサッポロなので生では見れませんので残念です。

オールスター戦には出て欲しいですね。

故障が治って出場出来るようで有ればファンも投票するでしょうし監督が推薦しても誰も文句は言わないでしょう。(いるかな?)

スーパースターはお祭りには必要ですよね。

 

では、また。

 

 

2017年5月14日(日)

マツダ 試合時間 - 3:05 ( 開始13:30 終了16:35 )  入場者 - 31,659
8回戦 ( [広]7勝1敗0分 )
 
読 売 1 0 0   0 0 0   0 0 0 - 1 4 1
広島東洋 0 0 1   0 0 2   2 3 X - 8 12 1
勝投手 : 九里 ( 3勝3敗 )
敗投手 : 田口 ( 3勝1敗 )

 

本塁打 : [広] 鈴木 8号 ( 6回2点 田口 )

 

読 売
広島東洋
   





(右) 橋本到 3 1 0 1 0 1
(中) 重信 3 0 0 0 0 0
宮國 0 0 0 0 0 0
山口鉄 0 0 0 0 0 0
篠原 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0
池田 0 0 0 0 0 0
(遊) 坂本勇 4 1 0 0 0 0
(一) 阿部 4 0 0 0 0 0
(三) マギー 2 1 1 2 0 0
(左) 石川 2 0 0 0 0 0
打左 亀井 1 0 0 1 0 0
(二) 中井 2 0 0 0 0 2
村田 1 0 0 0 0 0
寺内 1 0 0 0 0 1
(捕) 小林 3 1 0 0 0 0
吉川尚 1 0 0 0 0 0
(投) 田口 2 0 0 0 0 2
打中 長野 1 0 0 0 0 1
   





(遊) 田中 5 2 0 0 0 2
(二) 菊池 4 1 1 1 0 1
(中) 5 3 1 0 0 1
(右) 鈴木 4 1 2 0 0 1
(左)一 エルドレッド 3 0 0 1 0 1
堂林 0 0 0 0 0 0
(一) 新井 3 0 0 0 0 2
ジャクソン 0 0 0 0 0 0
西川 1 1 0 0 0 0
今村 0 0 0 0 0 0
(三) ペーニャ 2 1 0 1 0 1
走左 野間 1 1 0 0 0 0
(捕) 會澤 2 0 0 0 0 0
石原 0 0 0 1 0 0
(投) 九里 2 0 0 0 0 2
一岡 0 0 0 0 0 0
松山 1 1 1 0 0 0
走三 安部 1 1 0 0 0 0
   
 





田口 6   24 5 2 0 8 2
  宮國 0 .1 3 2 0 0 0 2
  山口鉄 0 .2 4 1 1 0 0 0
  篠原 0 .1 1 0 0 0 1 0
  0 .1 6 4 1 0 1 3
  池田 0 .1 1 0 0 0 1 0
   
 





九里 6   25 3 4 0 5 1
一岡 1   4 1 0 0 1 0
  ジャクソン 1   3 0 0 0 0 0
  今村 1   3 0 0 0 1 0
 ■ 2017年5月14日(日) 現在
セントラル・リーグ
チーム 試合 勝利 敗北 引分 勝率
阪 神 34 22 12 0 .647 --
広 島 38 22 15 1 .595 1.5
巨 人 35 18 17 0 .514 4.5
DeNA 36 16 18 2 .471 6.0
ヤクルト 36 15 21 0 .417 8.0
中 日 37 12 22 3 .353 10.0

 

パシフィック・リーグ
  試合 勝利 敗北 引分 勝率
楽 天 32 23 9 0 .719 --
ソフトバンク 37 23 14 0 .622 2.5
西 武 34 17 16 1 .515 6.5
オリックス 35 17 18 0 .486 7.5
日本ハム 36 15 21 0 .417 10.0
ロッテ 36 9 26 1 .257 15.5

 

 

先発投手が良いとゲームは締まる

 

 

f:id:cleaner1962:20170513183829j:plain

 

カープVSジャイアンツ 第7回戦

前日の5/12に球場へ行ってました。

ですので今回の画像は全てこの日に撮影したものです。

ご存知の通り試合開始前に雨が降り出しゲームが始まらないまま中止となりました

(;一_一)

この日は年に1回の海上自衛隊のPRデ―で、呉の海自カレーが6種類販売されていました。

狙っていってる訳ではないのですが、私はここ数年毎年海自カレーを食べています(笑)

そのうちの1種類を買って食べましたが、それが下の画像です。

美味しかったですよ!

呉の「利根」という居酒屋さんで出している海軍カレーだそうです。

その下のクリア―ファイルがこの日の戦利品です(笑)

ゲームは観れなかったのですがお土産はもらいました。

「海自PRデ―」についての詳細はこちらをご覧下さい。

      ↓

http://www.carp.co.jp/community17/in/2017/004.html

f:id:cleaner1962:20170513181715p:plain

f:id:cleaner1962:20170513181542j:plain

 

f:id:cleaner1962:20170513181522j:plain

 

17時頃は雨は降っていませんでした。

天気予報で夕方からの降雨を知っているのでしょう、観客は既にポンチョ着て構えている人もいます。

f:id:cleaner1962:20170513183705j:plain

 

18時少し前から雨が降り出し、18時になっても試合は開始されず、観客は待っています。

f:id:cleaner1962:20170513182707j:plain

 

一旦発表されたこの日のスタメンですが、翌5/13も全く同じラインナップでした。

f:id:cleaner1962:20170513182705j:plain

 

やはり野球は投手

対ジャイアンツ7回戦は11対2と快勝でした。

先発投手の岡田が7回を投げ103球、被安打5、四球2個、失点2(自責点2)と好投し2安打、2ホーマー、4打点のエルドレッドと共にヒロインへ呼ばれました。

先発が7回を投げてくれると中継ぎを沢山使わずに済むので有り難いですね。

8回に6点を追加したので抑えの今村も使わずに済みました。

打線も先発全員安打の13安打11得点と終わってみれば快勝でしたが、4回に阿部の2ランが出た時点では2点差となり勝負はどちらへ転ぶか分からないゲームでした。

次の1点を取ったカープが優位にゲームを運んだ事が勝利に結びついたかと思います。

6回裏の攻撃で、松山の2塁打を活かし犠牲フライで1点を取ったカープと、6回表の攻撃で橋本到の2塁打を活かせず得点出来なかった読売、この差がこのゲームの勝敗を分けたような気がします。

何故なら、この6回の表、裏の攻防は全く同じ様に先頭打者が2塁打で出塁したからです。

この2塁ランナーを1アウトまでに3塁へ進めたカープと、2アウトになってから3塁へ進めたジャイアンツ、ここの差が響いたと思います。

ジャイアンツは坂本が進塁打を打てなかった、カープも石原が進塁打を打てなかった、だけどカープは投手の岡田がヒットを打って1死1、3塁とした。

岡田も余り打撃が良くはないのでラッキー安打だったとは思いますが、難しい球を上手く拾ってライト前へ運びました。

ツキもカープに味方したのでしょうね。

これは岡田が頑張っていたので神も味方してくれたのでしょう(笑)

ただ、読売も広島も無死2塁で次の打者、坂本、石原が進塁打を打ってランナーを進められなかったところは反省材料だと思います。

 

第8回戦の見どころ

第8回戦の予告先発投手は、九里と田口と発表されています。

九里は今季6試合に登板し34回1/3イニングを投げ、2勝3敗、防御率5.50、6試合投げて失点は21も有り、直近3試合は5回途中、4回、6回途中と早々とKOされて防御率を一気に落しています。

8回戦の内容次第では先発から外れる可能性も有りそうです。

 

対する田口は5試合に登板し30イニングを投げ3勝0敗、防御率1.80、5試合投げて失点6と安定しています。

 

先発投手の比較ではかなり分が悪そうですし、昨年もカープ打線は田口を余り打ってない印象が有ります。

明日のカープのラインナップを予想してみました。

 

1、遊、田中

2、2、菊池

3、中、丸

4、右、鈴木

5、左、エルドレッド

6、1、新井

7、3、ペーニャ(安部)

8、捕、会澤

9、投、九里

 

7番は好調なので安部を使ってくるかもしれませんね。

昨年の対田口の成績にもよるでしょうけど。

いずれにせよカープは九里が先に失点するようだと厳しいゲーム展開になるでしょう。

今後もロ―テに残る為にも明日の九里は踏ん張りどころです。

頑張れ九里!

 

では、また。

 

 

 2017年5月13日(土)

マツダ 試合時間 - 2:52 ( 開始14:01 終了16:53 )  入場者 - 31,668
7回戦 ( [広]6勝1敗0分 )
 
読 売 0 0 0   2 0 0   0 0 0 - 2 6 2
広島東洋 3 0 1   0 0 1   0 6 X - 11 13 0
勝投手 : 岡田 ( 4勝1敗 )
敗投手 : マイコラス ( 4勝2敗 )
本塁打 : [巨] 阿部 7号 ( 4回2点 岡田 )
  [広] エルドレッド 9号 ( 3回1点 マイコラス ), 10号 ( 8回3点 中川 )

 

読 売
  広島東洋
   





(左) 石川 4 0 0 0 0 2
(右) 橋本到 4 2 0 0 0 0
(遊) 坂本勇 4 0 0 0 0 1
(一) 阿部 4 1 2 0 0 0
(三) マギー 4 2 0 0 0 1
寺内 0 0 0 0 0 0
(中) 長野 3 0 0 1 0 1
(二) 中井 4 1 0 0 0 0
(捕) 小林 2 0 0 1 0 0
(投) マイコラス 2 0 0 0 0 2
脇谷 1 0 0 0 0 1
池田 0 0 0 0 0 0
篠原 0 0 0 0 0 0
中川 0 0 0 0 0 0
   





(遊) 田中 3 1 1 1 0 1
(二) 菊池 4 2 0 1 0 1
(中) 4 1 1 1 0 1
(右) 鈴木 3 1 1 1 1 1
(三) 安部 5 2 2 0 0 0
(一) エルドレッド 4 2 4 1 0 0
堂林 0 0 0 0 0 0
(左) 松山 3 2 2 0 0 0
走左 野間 2 0 0 0 0 0
(捕) 石原 4 1 0 0 0 1
(投) 岡田 3 1 0 0 0 2
ジャクソン 0 0 0 0 0 0
ペーニャ 1 0 0 0 0 0
一岡 0 0 0 0 0 0
   
 





マイコラス 6   29 9 1 1 7 5
  池田 1   5 1 1 0 0 0
  篠原 0 .2 4 0 2 0 0 2
  中川 0 .1 5 3 1 0 0 4
   
 





岡田 7   28 5 2 0 8 2
ジャクソン 1   3 0 0 0 0 0
  一岡 1   3 1 0 0 0 0