押して頂けると励みになります(__) ⇒ 広島ブログ 広告 広告 広告

鯉オヤジの日常日記

広島カープ情報をメインに、食べ歩き、映画、生活お役立ち情報、日々の思い等、思い切りごちゃまぜのブログです!!

日本シリーズ第6戦

北の国から2016完結

 

終わりましたね。

結果はともかく第7戦まで観たかった。

黒田の花道も作ってあげたかった。

でも楽しめた6試合でした。

もし、7戦目が有れば日ハムの先発投手は誰だったのでしょうか?

まず大谷だと思いますが、栗山監督どうして6戦目に大谷の先発登板させなかったのでしょうか?

7戦目が有れば黒田と投げあいさそうと考えていたのでしょうか?

この辺りを聞いてみたいですね。

 

選手、首脳陣、裏方さん1年間お疲れさまでした。

若手はすぐに秋季キャンプかな?

体の手入れもしてまた来年頑張って下さい!

日本ハム、さすがに強いチームでした。

11.5差を跳ね返して勝ち上がってきただけの事は有ります。

でも、カープのチーム力が劣っていたとは思いません。

何故4勝出来なかったのか?

良く分析して次回のシリーズ制覇に繋げていって欲しいと思います。

余り気乗りしませんが昨日のゲームならびに今シリーズを振り返りたいと思います。

 

昨日の敗因は?

先発野村はエラー等で足を引っ張られた感も有りますが被安打も多く余り良い出来では無かったと思います。

4回での交替はやもおえないでしょう。

でも、問題はやはりジャクソンの交替機を誤った事ですね。

6連投の疲れもあったのかもしれませんが投手のバースにまでヒットを打たれる位ですから、さすがにあそこでは交替だったと思います。

8回2死から西川、中島、岡に3連打を食らい中田には押し出しの四球で勝ち越し点を相手に与えた。

その後バースにタイムリー、レア―ドに満塁弾。

レア―ドのグランドスラムが出てからではほぼ詰んでます。

西川に足で揺さぶられ大谷にネクストサークルからプレッシャーを掛けられる、日ハム中々やるわいと思われた方も多いかもですが、ああいう事は結構どこもやってる事です。

カープだってダブルスチール良く仕掛けますしネクストに代打を送るぞとプラフの選手を送る事も結構有ります。

リードしての8回にジャクソンを送るのは良いと思いますが同点でもビハインドでも兎に角8回はジャクソンという采配ですからね。

このシリーズ一岡や福井、薮田、九里といった投手は全く使ってないです。

へーゲンズも登板したのは2試合、2.1回投げただけです。

6戦目以外は先発投手凄く安定した投球だったのでリリーフ投手の使い方がこのシリーズの明暗を分けた様に思います。

この6戦を数字での比較をしてみると、

打線は、ファイターズ:打率.228、本塁打5本、出塁率.324、OPS.692、得点24点

       カープ:打率.223、本塁打5本、出塁率.320、OPS.661、得点19点

 

投手は、ファイターズ:防御率2.55、被安打42、被死四球26、投球数910、WHI1.28

       カープ:防御率3.38、被安打44、被死四球28、投球数959、WHP1.29

 

OPS(オプス、オーピーエス)は On-base plus slugging の略であり、野球において打者を評価する指標の1つ。出塁率長打率とを足し合わせた値である。

ランク評価OPSの範囲
A 素晴らしい .9000以上
B 非常に良い .8334 - .8999
C 良い .7667 - .8333
D .7000 - .7666
E 平均以下 .6334 - .6999
F 悪い .5667 - .6333
G 非常に悪い .5666以下

 

WHIP(Walks plus Hits per Inning Pitched、「投球回あたり与四球・被安打数合計」)とは、野球における投手の成績評価項目の1つで、1投球回あたり何人の走者を出したかを表す数値。

 

WHIP評価
1.00 素晴らしい
1.10 非常に良い
1.25 平均以上
1.32 平均
1.40 平均以下
1.50 悪い
1.60 非常に悪い

 

 

 

投打共ほぼ互角ですね。

得点と防御率の差は6戦目のカープ自責点7が響いています。

ただ、投手の数字を先発とリリーフに分けてみると大きな差が有ります。

ファイターズは先発した5投手の防御率が2.93(27.2回)、リリーフ防御率2.13(25.1回)

カープは、先発した4投手の防御率1.05(34.1回)リリーフ7.58(19回)

ジャクソンは6戦全てに登板し、5.2回を投げて自責点10、防御率15.88、6連投のうち3度逆転打を食らってます。

完全に逆シリーズ男になっています。

中崎も防御率13.50ですがこれは満塁本塁打を打たれた5戦目の自責点4が響いています。

但し、3試合に登板し2.2回を投げ自責点はこの本塁打だけですし失点したのもこの1試合だけです。

 

結論として、今シリーズの敗因は

「先発投手を4人で回した事、先発投手の替え時は素晴らしかったけれどリリーフ投手の使い方、替え時を誤ったから負けた」という事ですね。

 

ジャクソンは公式戦で67試合に登板し5勝4敗37ホールド、防御率1.71と大活躍でチームの優勝に大きく貢献してくれましたが短期決戦では出来が良くなかったという事です。

それと、ジャクソンは67試合登板したうち12試合で失点しています。

この12試合のうち9試合は連続の失点だから切り替えが苦手な投手なのかもしれません。

皆さんもジャクソンは続けて失点する傾向なんとなくイメージ有りませんか?

それで8回にへーゲンズを登板させ、試合後にジャクソンが荒れていたという記事も目にしました。

しかし、この辺を見極め選手起用をしていくのが監督の仕事ですのでデーターを分析して考えてみると監督の采配が明暗を分けたという事ですね。

緒方監督の采配はワンパターンで柔軟さに欠ける、フレキシブルでない、逆に栗山監督はフレキシブルに選手の状態を見てケースバイケースにタクトを揮ったから勝ったと言えそうですね。

ちなみに、今村、ジャクソンが今シリーズ6連投したのですがこれって1956年の稲尾以来なんですよ。

稲尾以来というより稲尾しかいなかったのです。

いかに異例な事かを物語ります。

今村、ジャクソンは、神様、仏様と言われた人に並びました。

名誉なのかは良く分かりませんが。(笑)

それと石原さんの16打数0安打も何気に凄いです(笑)

来年はもっと打撃を頑張りましょう!

 

まあ、緒方監督も昨年色々批判されてきましたが2年目でリーグ優勝を果たしてくれたのですから来年以降も精進し成長してくれる様見守りましょう!

 

 

6戦目の記録、今シリーズの記録を添付しますので参考までにご覧ください。

今季のカープのゲームは終了しましたが、何か話題が有れば不定期に記事を書きますのでよろしくお願いします。

また、カープ以外の記事もアップしますのでこちらの方もよろしくです。

来季が待ち遠しいですね。

では、また。

 

 

 

 

 

 

 

第6戦

個人打撃記録
シリーズ最多三塁打 2
西川 遥輝
(北海道日本ハム)

※タイ記録(8人、8度目)、2003川﨑(ダ)以来

ゲーム最多三塁打 2
西川 遥輝
(北海道日本ハム)

※タイ記録(2人、2度目)、2003(第2戦)川﨑(ダ)以来

連続打数三塁打 1
西川 遥輝
(北海道日本ハム)

※タイ記録(多数あり)
初回先頭打者の三塁打は3度目。表、初球ともに初
1959(第2戦)穴吹(南)裏 1-1
1969(第5戦)高田(巨)裏 0-1

満塁本塁打
B.レアード
(北海道日本ハム)

※19人、19度目、2016(第5戦9回)西川(日)以来

ゲーム最多出塁 5
中島 卓也
(北海道日本ハム)

※タイ記録(10人、10度目)、補回での達成を含めると15人、16度目

 

チーム打撃記録
ゲーム最多三塁打 2
北海道日本ハムファイターズ

※タイ記録(8度目)、2003(第2戦)ダイエー以来

ゲーム最多三塁打(両チーム合計) 2
北海道日本ハム2、広島東洋0

※タイ記録(多数あり)

イニング最多三塁打 1
北海道日本ハムファイターズ
(1、4回)

※タイ記録(多数あり)

シリーズチーム2満塁本塁打
北海道日本ハムファイターズ
(第5戦)西川(第6戦)レアード

※2度目、1993西武以来(第5戦)鈴木健(第6戦)秋山

連続試合満塁本塁打 2
北海道日本ハムファイターズ
(第5戦)西川(第6戦)レアード

※2度目、1993西武以来(第5戦)鈴木健(第6戦)秋山

イニング最多三振 3
広島東洋カープ
(8回)

※タイ記録(多数あり)

 

個人投手記録
シリーズ最多試合登板 6
今村 猛
J.ジャクソン
(広島東洋)
(広島東洋)

※タイ記録、(今村)9人、10度目、(ジャクソン)10人、11度目、2008西村(巨)以来

シリーズ最多連続試合登板 6
今村 猛
J.ジャクソン
(広島東洋)
(広島東洋)

※タイ記録、(今村)3人、3度目、(ジャクソン)4人、4度目、2003吉野(神)以来

シリーズ最多ホールド 4
今村 猛
(広島東洋)

※新記録、過去6人6度の3を更新

イニング最多三振 3
A.バース
(北海道日本ハム)
(8回)

※タイ記録(多数あり)

 

 

6試合シリーズの主な記録

全般記録
出場選手全選手が日本シリーズ初出場
広島東洋カープ

※54年ぶり8度目、1950毎日、松竹、1951巨人、南海、1954西鉄、1962東映、阪神

 

個人打撃記録
シリーズ最低打率 .000
石原 慶幸
(広島東洋)
16打数0安打

※新記録、1968岡村(急)、1985木戸(神)の.050を更新

シリーズ最多三塁打 2
西川 遥輝
(北海道日本ハム)
第6戦 2

※新記録、過去多数の1を更新

 

チーム打撃記録
2桁安打試合なし
広島東洋カープ

※6試合シリーズでは5度目

シリーズ満塁本塁打 2
北海道日本ハムファイターズ
(第5戦)西川(第6戦)レアード

※新記録、6試合シリーズでは初

 

個人投手記録
シリーズ最多試合 6
今村 猛
J.ジャクソン
(広島東洋)
(広島東洋)
第1戦~第6戦
第1戦~第6戦

※タイ記録、1956稲尾(西)以来、(今村)2人、2度目、(ジャクソン)3人、3度目

シリーズ最多ホールド 4
今村 猛
(広島東洋)
第1、3、4、6戦

※新記録、2009越智(巨)、山口(巨)の3を更新

シリーズ最多勝利 3
A.バース
(北海道日本ハム)
第3、5、6戦

※タイ記録、1950野村(毎)、1952別所(巨)、1956稲尾(西)以来4人、4度目。全試合救援では初

シリーズ3勝無敗
A.バース
(北海道日本ハム)
第3、5、6戦

※1950野村(毎)(第2、5、6戦)、1952別所(巨)(第1、4、6戦)、1956稲尾(西)(第3、4、6戦)

 

チーム投手記録
チーム暴投計 5
北海道日本ハムファイターズ

※新記録、2000ダイエーの4を更新

両チーム暴投計 7
北海道日本ハム5、広島東洋2

※新記録、2012巨人3、北海道日本ハム2の5を更新

個人守備記録
外野手シリーズ最多併殺 1
近藤 健介
(北海道日本ハム)

※タイ記録(7人、7度目)、2000ニエベス(ダ)以来