押して頂けると励みになります(__) ⇒ 広島ブログ 広告 広告 広告

鯉オヤジの日常日記

広島カープ情報をメインに、食べ歩き、映画、生活お役立ち情報、日々の思い等、思い切りごちゃまぜのブログです!!

侍JAPAN WBC 1次予選 対キューバ戦

f:id:cleaner1962:20170308154848p:plain

開催概要


今回のWBCは16ヶ国が参加し1次リーグは1組4ヶ国ずつの4組(A~D組)に分かれそれぞれの組で上位2国が1次リーグ勝ちぬきとなります。
A組はソウル、B組は東京、C組はマイアミ、D組はメキシコでゲームを行っています。
御存知かと思いますが日本はB組で東京ドームでのゲームです。
詳細はこちらをどうぞ。
    ↓

チーム | World Baseball Classic(ワールドベースボールクラシック)
日程&開催地 | World Baseball Classic(ワールドベースボールクラシック)
大会概要 | World Baseball Classic(ワールドベースボールクラシック)
日本 | チーム | World Baseball Classic(ワールドベースボールクラシック)

http://www.wbc2017.jp/

初戦白星発進


大事な初戦をまずは白星スタート。
正直ホッとしました。
なにせ相手が強敵キューバですから、勝つと負けるでは1次リーグ勝ちぬきにむけて大きく違ってきます。
A組では韓国がスタートから2連敗し今日オランダが台湾に勝てば1次リーグ敗退が決まります。
それにしてもイスラエル強いですね。
韓国には延長の末僅差で勝ち、台湾には8点差をつけ豪快に打ち勝ちました。
日本が2次リーグに進んだ場合、A組のチームとの対戦となりますのでイスラエル、オランダ辺りとの対戦が濃厚になります。
ただ、2次リーグも東京ドーム開催ですので日本は恵まれています。
前回大会は準決勝で敗退でしたが決勝トーナメントが行われるアメリカまでは勝ち進みました。
今回も決勝トーナメントはロサンゼルス開催ですので最低でもここまでは進んで欲しいと個人的には思っています。
勿論、目標は優勝です!!

ゲームの感想


まず、1回の攻防ですね。
無死1,2塁から併殺を取った菊池の守備が大きかったと思います。
1塁寄りのゴロを滑り込みながら捕球し、くるっと反転して2塁への送球 、あのプレイなかなかのものでしょう?
球場で見ていると菊池はほとんど外野の芝に掛かる辺りで守っています。
勿論、打者によっては前に出る事も有りますし、左右にも寄ります。
特筆したいのは、打者が打った瞬間の動き出しがもの凄く早いのです。
テレビはバッテリーを映しているのでこの辺の菊池のポジショニングや1歩目の動きだしの早さは是非球場で見て欲しいと思います。
石川が1回を無失点で切り抜けたのはこの併殺が大きかったと思います。
エラーでランナーを出塁させた松田が一番喜んだのかもしれません。
その後の打席での大活躍も1回の無失点が効いているのかもしれませんね。
1回裏の攻撃でも打線の軸となる筒香のタイムリーが出た事でチームに落ち着きが出たでしょうし、なにより早々に結果を出した事で筒香自身がホッとした事でしょう。
速やかに先制点を取れた事がその後の大量点に繋がった様な気がします。
強化試合では余り点が取れなかったので正直打線が心配でした。

このゲームでは両チーム共にセンターの好守が光りました。
サントスと青木が交互にファインプレーを見せていましたね。
サントスのプレーには日本のファンも拍手をしていました。

中田の盗塁には驚きましたが、楽々セーフのタイミングでした。
事前に投手のけん制の癖がチームに伝えられていたのか、スキが見えたので中田が自分の判断で走ったのかどちらなのかな?
スタメンで無安打は中田と鈴木だけですが二人共四球で出塁しチームへ貢献していますし、この日の攻撃陣は14安打11得点と頼もしい活躍でした。
このゲームのMVPを上げるとしたら5打数4安打1ホーマー4打点の大活躍を見せた松田でしょうね。
1回のエラーを帳消しにする打撃でした。
小久保監督が田中と松田どちらを起用するのかな?と見ていましたがやはり初戦は経験値で松田だったのでしょうか。
あれだけの活躍を見せられると2戦目もスタメンなのでしょうね(笑)
カープファンの私としては田中のスタメンを見たかったのですがしょうが無いですね。
まあ、代打や代走等での出場は有るでしょうからそこで活躍してスタメン起用をアピールしましょう。

良い事ばかりでなく不安材料も見えました。
2回2/3で3失点の則本です。5、6回は綺麗に抑えたのに7回になるとつかまりましたね。
普段先発で投げていると中継ぎを何イニング投げさせて交替させるのかは首脳陣も難しいのでしょうね。
WBCは球数制限も有りますし、投げた球数によって何日か間を空けさせなければならないルールもありますのでWBCはこの辺りも見どころですね。
特定の投手ばかりに起用が偏るとシーズンでの故障に結びつく恐れも有りますのでこのルール適用は良い事だと思います。
第2戦目の先発投手は菅野らしいですが出来るだけ長いイニングを投げて欲しいですね。
野手のスタメンは1戦目とほとんど変わらないかな?
いじらない方が良いでしょうね、点が取れているうちは。
今、思い出しましたが、昨日のゲームでまた残念な出来事が有りましたね。
山田のレフトへの打球を観客がグローブでキャッチし2塁打となりました。
グローブを出さなければどうだったのか?
スロービデオで見ても微妙な感じでしたね。
中学生がキャッチし球場スタッフに注意されてたらしいですがゲームが中断し長くなる、間が空き白ける。
昨年の公式戦でも、オコエや丸の打球を観客がキャッチしてゲームが中断しました。
無くなりそうにない様ですので外野席の最善席は観客が入れない様に設備を改善するしかないですね。
ナゴヤドームは最前席は無く、シートを張っていますから観客がキャッチ出来ませんので良いですね。
ここまででなくとも各球場で対策を講じて欲しいと思います。
それでは今夜も日本を応援しましょう!!
詳しい大会規定はこちらをどうぞ。
      ↓

2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™|TBSテレビ