広島ブログ 広告 広告 広告

鯉オヤジの日常日記

広島カープ情報をメインに、食べ歩き、映画、生活お役立ち情報、日々の思い等、思い切りごちゃまぜのブログです!!

ベイスターズVSカープ 第6戦とカードの振り返り

f:id:cleaner1962:20170430171133p:plain

 

2017年4月30日(日)

 

横 浜 試合時間 - 3:35 ( 開始13:30 終了17:05 )  入場者 - 28,937
6回戦 ( [デ]4勝2敗0分 )
 
広島東洋 0 0 0   0 3 1   0 2 3 - 9 16 0
横浜DeNA 2 0 5   0 0 0   1 2 X - 10 13 0
勝投手 : 久保 ( 1勝0敗 )
敗投手 : 九里 ( 2勝2敗 )
本塁打 : [広] 西川 1号 ( 8回2点 三上 )
  [広] 鈴木 5号 ( 9回2点 パットン )
  [デ] ロペス 4号 ( 3回4点 九里 )
  [デ] エリアン 1号 ( 7回1点 ブレイシア )
  [デ] 石川 1号 ( 8回2点 薮田 )

 

 

広島東洋
  横浜DeNA
   





(遊) 田中 5 3 2 1 0 0
(二) 菊池 5 1 1 0 0 1
薮田 0 0 0 0 0 0
高橋樹 0 0 0 0 0 0
堂林 1 0 0 0 0 1
(中) 4 2 1 1 0 0
(右) 鈴木 5 3 3 0 0 1
(左) 松山 5 0 0 0 0 1
(一) 新井 5 1 0 0 0 1
(三) 安部 5 3 0 0 0 0
(捕) 會澤 5 2 0 0 0 1
(投) 九里 1 0 0 0 0 0
天谷 1 0 0 0 0 1
中田 0 0 0 0 0 0
エルドレッド 0 0 0 1 0 0
一岡 0 0 0 0 0 0
ブレイシア 0 0 0 0 0 0
打二 西川 1 1 2 0 1 0
   





(中) 桑原 4 0 0 0 1 2
(二) 石川 4 3 2 1 0 0
(右) 梶谷 3 1 0 2 0 1
(左) 筒香 5 3 1 0 0 1
パットン 0 0 0 0 0 0
(一) ロペス 4 2 5 0 0 0
(三) エリアン 4 1 1 0 0 1
(遊) 倉本 4 1 0 0 0 0
(捕) 戸柱 3 1 0 1 0 1
(投) 久保 2 1 0 0 0 0
須田 0 0 0 0 0 0
乙坂 1 0 0 0 0 0
山﨑康 0 0 0 0 0 0
三上 0 0 0 0 0 0
田中浩 0 0 0 0 0 0
関根 0 0 0 0 0 0
   
 





九里 4   21 7 3 1 2 7
  中田 1   4 1 0 0 1 0
  一岡 1   5 2 0 0 1 0
  ブレイシア 1   4 1 0 0 0 1
  薮田 0 .2 4 1 1 0 1 2
  高橋樹 0 .1 2 1 0 0 1 0
   
 





久保 5   23 7 1 0 5 3
  須田 1   6 2 1 0 1 1
山﨑康 1   4 1 0 0 0 0
  三上 1   5 2 0 0 0 2
  パットン 1   9 4 1 1 1 3

大乱戦!

両軍合わせて29安打19得点と荒れたゲームになりました。

球場が狭い事も有り、昔からこの球場ではよくノーガードの打撃戦が繰り広げられます。

3回で7対0になった時はこりゃ今日はとても追いつけんわとほとんどのカープファンは思ったでしょう。

回が浅いとはいえ離されすぎです。

今日の九里はよく打たれましてね。

4回を投げ被安打7で1死球、3四球の7失点(自責点も7)です。

球数も4回までで81球も投げています。

2試合続けての大量失点ですので次回先発登板は微妙ですが、他の先発候補も少ないのでもう一度は先発させるのではないかと思います。

終わってみればロペスに喫した満塁弾が最後まで響きましたね。

余りにも点差を離されすぎました。

 

試合の主導権を取れなかった

敗因は言うまでも無くずるずると失点を重ねた投手陣です。

10失点では11得点以上あげなければ勝てないのですから・・

9得点もした打線は責められません。

しかし、粘りに粘った事が次回の対戦でも活きてくる事でしょう。

相手のベイスターズは何点リードしていても不安になるでしょうから。

打線は16安打を放ちましたがその中でも鈴木誠也は5打数3安打1ホーマー3打点と乗っています。

昨日私が書いた事は当たっているでしょう?(笑)

これからが楽しみです。

ホームランを量産しそうな気がします。

田中、安倍も3安打しました。

今日は野手は打率を上げ、投手は防御率を下げた日ですね。

特に九里はだいぶ下がったでしょう。

ゲームを振りかえると終盤の7,8回の失点が響きました。

薮田は疲労が有るのでしょうか、見ていていつもより球威が無いように感じました。

2ランを浴び降板となりベンチへ帰ってからグラブを床に叩きつけて悔しがっていましたが、次回も期待しています。

薮田の後、2年目の高橋樹也投手が8回1死から登板しました。

梶谷にはヒットを打たれましたが、その後の筒香から見事に三振を取りました。

自信にして伸びて行って欲しいですね。

何といってもチームに不足している貴重な左腕投手ですから。

 

今カードの振り返りと次のカードについて

1勝2敗とカード負け越しとなりこれで今季のベイスターズ戦はここまで2勝4敗と2つの負け越しです。

昨年も勝ち越しはしたもののほぼ5分の対戦成績で今年もここまで相性が良くありません。

逆にベイスターズは今季ここまでの各チーム対戦成績はカープにだけ勝ち越しています。

今年もCSであたる可能性が有りますので苦手にはしておきたくないチームです。

カープ先発投手陣も加藤は次回の先発が有るかどうか分かりませんし、九里も次回また今日みたいな投球をしたら次が有るかどうか分かりません。

踏ん張りどころです。

 

次はマツダスタジアムでドラゴンズを迎え5/2からの3連戦です。

ドラゴンズもだいぶ盛り返してきましたがまだ4つの借金を抱えています。

次のカードは勝ちこさないと首位から転落するかもしれません。

まだそういう事を言う時期でも有りませんが、やはり贔屓チームには1つでも上の順位にいて欲しいですからね。

ドラゴンズ3連戦の先発投手を予想します。

1戦目はカープは野村で間違いないと思いますがドラゴンズは難しいですね。

ジョーダンが30日のゲームで先発したので誰が来るのか予想が難しくなりました。

今、1軍へいるメンバーには見当たらないのでファームから誰かを上げると思われます。

私の予想としては、ローテ投手を1日繰り上げてくるのではないかと思います。

1戦目は野村と吉見、2戦目はへーゲンズと又吉、3戦目は大瀬良と八木ではないかと予想します。

八木はファームで28日に先発していますが2回しか投げていないので3戦目の先発に持って来そうな気がします。

というかカープ戦の3試合目に照準を合わせて調整の為、ここで投げさせているのかもしれません。

カープは今季も1度対戦し余り打ててないですからね。

カープで飯を食ってる投手ですから(笑)

いつまでも八木を養ってはいけませんよ。

次は早々とKOしましょう!

 

カープの先発も2戦目にへーゲンズをあげましたが、他に先発しそうな投手が見当たらないのです。

ファームで29日に塹江、30日に中村恭平が先発していますので、この二人はこの3連戦に登板は難しいでしょう。

となると実績から消去法でへーゲンズになった訳です。

福井をなぜ抹消したのでしょうか?

勝ち星は付いたけど次も先発させられる内容ではないのでもう一度ファームで調整させようという判断なのでしょうか?

しかし、そうも言っていられない状況になってきたように思えますが・・・

やはり1年間先発ロ―テを務めるのは簡単ではないですね。

悪いなりにゲームを作れるようにならないと外されます。

黒田がメジャーで20億円オファーを受けれたのもこの辺の安定感と信頼感なのでしょう。

 

では、また。

 

  2017年度 公式戦成績

                 2017年4月30日(日)現在

セントラル・リーグ
チーム 試合 勝利 敗北 引分 勝率
広 島 27 16 10 1 .615 --
阪 神 24 14 10 0 .583 1.0
巨 人 25 13 12 0 .520 2.5
DeNA 25 11 12 2 .478 3.5
ヤクルト 25 10 15 0 .400 5.5
中 日 26 9 14 3 .391 5.5

 

 

 

パシフィック・リーグ
チーム 試合 勝利 敗北 引分 勝率
楽 天 21 16 5 0 .762 --
オリックス 23 15 8 0 .652 2.0
西 武 23 12 10 1 .545 4.5
ソフトバンク 26 14 12 0 .538 4.5
ロッテ 24 7 16 1 .304 10.0
日本ハム 25 6 19 0 .240 12.0

 

 

 2017年度 セントラル・リーグ 

チーム打撃成績

■ 2017年4月30日(日) 現在
チーム
 

 

 

 

 

 







 

 

 



 

 

 



 

 






広 島 .268 27 1053 924 131 248 36 4 21 355 123 22 8 22 8 92 0 7 224 21 .384 .337
巨 人 .247 25 932 838 88 207 31 2 15 287 84 13 5 16 6 68 4 4 204 19 .342 .305
中 日 .244 26 1004 902 73 220 26 6 13 297 67 16 9 24 7 66 1 5 214 18 .329 .297
阪 神 .243 24 917 782 87 190 28 1 12 256 79 13 3 19 5 100 0 11 168 22 .327 .335
DeNA .241 25 947 858 95 207 39 2 15 295 90 11 4 14 2 65 2 8 187 14 .344 .300
ヤクルト .229 25 940 811 71 186 30 1 12 254 67 8 6 18 3 97 1 11 171 24 .313 .319

 

 2017年度 セントラル・リーグ 

チーム投手成績

■ 2017年4月30日(日) 現在
チーム


 

 

 





 

 





 

 


 
 



 



 

 

 



 


巨 人 2.72 25 13 12 7 15 17 2 5 1 .520 916 221 .2 193 16 73 0 8 175 8 1 76 67
阪 神 2.76 24 14 10 11 26 31 0 1 1 .583 921 215   208 10 79 0 4 207 4 1 84 66
ヤクルト 3.08 25 10 15 4 14 18 1 1 0 .400 926 219 .1 200 15 69 7 8 188 6 3 88 75
広 島 3.41 27 16 10 7 13 19 1 1 2 .615 1043 242 .2 224 16 109 0 6 217 9 0 100 92
中 日 3.45 26 9 14 7 25 31 0 2 1 .391 1014 245 .1 219 14 75 0 12 168 5 0 97 94
DeNA 3.57 25 11 12 5 32 35 1 2 1 .478 973 229 .2 214 17 83 1 8 213 9 1 100 91