鯉オヤジの日常日記

広島カープ情報をメインに、食べ歩き、映画、生活お役立ち情報、日々の思い等、思い切りごちゃまぜのブログです!!

復活マジック21、復活ジョンソン5勝目!!

f:id:cleaner1962:20170826071519j:plain

 

返ってきたエース  カープVSドラゴンズ第19回戦

 

連敗を3で止めリーグ70勝1番乗り。マジックも再点灯し21。危なげない勝ち方で快勝でした。やはりホームだと戦いやすいのでしょうね。

 

前夜までの嫌な負け方もこれで払拭出来たと思います。やはり、ジョンソンがジョンソンらしい投球をするとゲームが締まります。

 

8回を投げ被安打2、失点0(自責点0)の数字が示す通り圧巻の投球でした。この日は捕手石原の構えた所へビシバシ球が行っていましたし空振りも取れてましたので球威、球のキレ共に良かったのでしょう。

 

ようやく昨季までのジョンソンの投球が戻ってきたようです。これでやっと5勝目ですがこの投球を続けて行ければ10勝にも届く可能性が有りますので頑張って欲しいですね。CS,日本シリーズを勝ち抜くには安定した大きな柱が必要ですから。

 

6連戦の真ん中でリリーフ陣を休められたのも大きかったです。

 

打線はしばらく新井を4番に固定し戦うと見ていましたがスタメンから外し4番は松山でした。これはどうも新井がバルデスに対して極端に分が悪く、20打数1安打くらいしか打っていない事からそうしたようです。

 

そして当面スタメンでは使わないのかと思った堂林が7番レフトで起用され、松山が4番レフトでスタメンでした。左翼と右翼は逆が良いのではないの?と思うのですが当面、右翼は松山固定みたいです。

 

まあ、肩には大差ないとしても守備力、走力を考えたらどう考えても堂林を右翼ではないかと思うのですが、これは右翼がころころ変わらない方が中堅の丸が守り易いのでしょうかね?

 

いずれにせよ誠也が不在の間、中堅を守る丸の守備範囲は左右に広がり大変でしょう。

右翼松山固定としたら左翼はエルド、堂林、岩本辺りがスタメンで1塁が新井、エルド、堂林、岩本、安部辺りがスタメン起用となりますが相手投手との相性を見てラインナップを組む事になるでしょうからこれからしばらくはスタメンの組み方を予想するのも面白いかもです。

 

外国人選手はメヒアを抹消しジョンソンを登録しましたので、現在1軍の外国人選手は、投手3、野手1になっています。

 

この辺もバティスタの調子ブレイシアの調子等を見ながらまた代わっていくでしょうが現在中継ぎ陣が疲労気味ですのでしばらくは投手は3人で行くでしょう。

 

第2戦の見どころと雑記

 

2戦目の予告先発投手は薮田対小熊と発表されています。

 

小熊は今季2試合に登板し計7イニングを投げ0勝1敗、防御率10.29、今季の先発は2回目ですが、前回先発登板したのは7月27日のスワローズ戦で、4回を投げ被安打9、7失点(自責点7)と早々とKOされ負け投手となっています。

 

鈴木や八木で無く何故ここで小熊を先発させるのか良く分かりませんが何かチーム事情が有るのでしょう。

 

右投手ですので岩本辺りのスタメンがあるのか、1塁新井、左翼エルドで行くのかは対戦データー等見て決めるのでしょう。

 

カープ打線対小熊だと格からして早々のKOが大いに期待できると思いますし今日は大量点で勝利を上げ中継ぎ陣をもう1日休ませてあげましょう。^^;

 

ここからは余談ですが、昨日のゲームを見ていてふと思ったのですがドラゴンズの34番を「福」という投手が付けていました。

 

山本昌投手の34番を永久欠番としないのは球団の判断だから我々がとやかくいう事では無いのでしょうが、ドラファンでは無い私が見ても中日の34番はそれなりの成績を残した選手か大きな期待が掛かる選手に付けさせるべきではないのでしょうか?

 

中日一筋で29年在籍し219勝を挙げ最多勝3回、最優秀防御率1回、最多奪三振1回、沢村賞1回、ベストナイン2回受賞した投手なのでせめて準永久欠番扱いにはするべきではないかと個人的には思います。

 

山本昌が引退した年にすぐその年に入団した選手に付けさせた、それもドラフト下位の選手に。

 

左投手だからというだけなのでしょう。1位指名の小笠原に付けさすのならまだ分からなくもないのですが・・

 

ちなみに福選手はドラ4指名です。

昨季、1勝2敗4Hで今季はまだ未勝利で1軍での登板も1試合のみです。

 

ふく・ひろと1992年6月16日生  身長178cm  体重87kg  左投 左打神戸西高 - JR九州2015年ドラフト4位

 

 

永久欠番を設けてない球団も有りますが中日ドラゴンズには2人います。

 

  • 10服部受弘(投手・捕手) 1960年3月20日
    二軍監督時代の1977年にも使用している。
  • 15西沢道夫(一塁手・投手) 1959年3月15日
    ヘッドコーチ・監督時代の1963年 - 1966年にも使用している。

 

ずいぶんと前の事で私もこの両名は知りません。

私が産まれる前に引退されてますので当たり前なのですが(笑)

 

現在のカープでは前田智徳さんが選手時代に付けていた1番が準永久欠番扱いで誰かに付けさす時は前田氏の了解が必要だそうです。

他球団でも日ハムの41番(稲葉篤紀氏)、ヤクルトの1番(若松勉)、楽天の18番(田中将大)等が準永久欠番扱いになっています。

 

 

背番号ネタについてまたこのブログで取り上げるかもしれません。

興味ありますか?(笑)

 

 

では、また。

 

 

2017年8月25日(金)

 

マツダ 試合時間 - 2:51 ( 開始18:00 終了20:51 )  入場者 - 31,557
19回戦 ( [広]11勝6敗2分 )
 
中 日 0 0 0   0 0 0   0 0 1 - 1 4 0
広島東洋 0 0 4   0 1 0   2 2 X - 9 15 1
勝投手 : ジョンソン ( 5勝3敗 )
敗投手 : バルデス ( 6勝9敗 )
本塁打 : [広] エルドレッド 26号 ( 5回1点 バルデス )
中 日
広島東洋
   





(遊) 京田 3 1 0 1 0 1
(二) 荒木 3 0 0 0 0 1
丸山 0 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0 0
藤井 1 0 0 0 0 0
(中) 大島 4 1 0 0 0 0
(左) ゲレーロ 3 1 1 1 0 0
(一) 福田 4 0 0 0 0 1
(右) 松井佑 3 0 0 0 0 1
(三) 高橋 3 1 0 0 0 0
(捕) 武山 2 0 0 0 0 1
堂上 1 0 0 0 0 0
松井雅 0 0 0 0 0 0
(投) バルデス 1 0 0 0 0 1
打二 2 0 0 0 0 0
   





(遊) 田中 5 1 0 0 0 2
(二) 菊池 5 1 0 0 0 1
(中) 4 3 0 1 0 0
(右) 松山 3 1 1 1 0 1
走右 野間 1 1 0 0 0 0
(一) エルドレッド 3 2 3 1 0 0
走一 岩本 1 1 1 0 0 0
(三) 安部 5 3 2 0 0 1
(左) 堂林 4 0 1 1 0 0
(捕) 石原 4 1 1 0 0 0
(投) ジョンソン 4 1 0 0 0 2
ブレイシア 0 0 0 0 0 0
   
 





バルデス 5   26 9 2 0 3 5
  丸山 2   10 2 2 0 2 2
  1   7 4 0 0 2 2
   
 





ジョンソン 8   27 2 2 0 6 0
  ブレイシア 1   5 2 0 0 0 1