鯉オヤジの日常日記

広島カープ情報をメインに、食べ歩き、映画、生活お役立ち情報、日々の思い等、思い切りごちゃまぜのブログです!!

【セ・リーグ】CSファイナル第1戦

f:id:cleaner1962:20171018232924j:plain

 

すっきりしない天候がすっきりしないゲームにする

 

CS第1戦、5回で雨天コールドゲームとなり3対0でカープの勝ちとなり、これでアドバンテージを加えカープの2勝0敗となりました。

 

出来れば9回までやって欲しかったですが審判団の判断ですのでしょうがないですね。

ただ、納得いかない一部のベイファンがSNS等でぼやいているらしいです。

 

確かに先日の甲子園でのCS第2戦の方がグランドコンディション悪かったのに9回までゲームやって今回のズムスタは何故5回でコールドなのか?私も疑問です。

 

ゲームが一旦始まったら中止や休止は審判の判断になりますが、先日の甲子園での第2戦はどうもNPBの担当者の判断でゲームを行ったみたいです。

 

翌日以降も天気予報が雨模様でこのままだと1試合のみで阪神の勝ち抜けが決まりそうなのでゲームを強行したみたいです。

 

確かにそれも興ざめですが、比較するとこの日のグランドコンディションでコールドでは判断基準がブレすぎてベイファンが納得出来ないのも仕方ないでしょう。

 

今年はもう仕方ないにしても来季以降はCSファーストステージの日程にもっと余裕をもって組んだ方が良いでしょう。

 

ファーストステージとファイナルの間を空けない方が1位チームに有利だからそうしているのかもしれませんがいずれにせよ雨天中止、雨天コールドの判断基準はもっと明確にしなければなりませんね。

 

今回の判断は余りに不明瞭で不満が出るのは致し方ないでしょう。

 

個人的意見ではこの日のズムスタのゲームは5回でコールドかもう少しゲームを進めてグランドコンディション次第で途中でコールドにする、甲子園の第2戦は最初から中止又は途中で中止にすべきだったと思います。

 

あの田んぼみたいな甲子園のグランドコンディションでけが人が出なかったのが不思議です。

 

阪神園芸さんのお仕事が良かったのでしょう。

 

話が野球からだいぶ外れましたが第2戦以降も天気予報の天候が良くないのでこの際基準をはっきりした方が良いと思ったからです。

 

第1戦のゲーム内容を振りかえります。

5回までのゲームでしたが終わってみれば5回のチャンスを活かして3得点をあげたカープが勝利しました。

 

安打数をみれば、カープ3、ベイスターズ2でかわりません。

チャンスでタイムリーが出たか出なかったかの差だけです。

 

先発した石田も薮田も大差は無かったように思えましたが2死満塁でタイムリーを打った田中と5回を無失点に抑えた薮田がヒーローです。

 

9回までゲームを行っていればどっちに転んだか分からないゲームだったのではないでしょうか?

 

ただ、カープの打線はまだ本調子ではなさそうです。

社会人との3連戦ではよく打ってましたがプロの球をしばらく打ってないので勘が戻ってなさそうです。

 

2戦目以降はカープ投手陣の出来がポイントになるのではないかと思います。

ベイスターズ打線は強力ですので火を付けない事です。

 

カープ打線は火がつくのに少し時間が掛かりそうに見えました。

カープ投手陣対ベイスターズ打線の勝負になりそうな気がします。

 

明日のスタメンは両軍共に今日と一緒ではないでしょうか。

変わるとすればベイの捕手位ですかね。

 

明日の先発投手は、野村と濱口と予想しましたがまず間違いないでしょう。

 

 

横浜DeNAベイスターズ

濵口 遥大

26 投手

 

はまぐち・はるひろ1995年3月16日生  身長173cm  体重80kg  

左投 左打 三養基高 - 神奈川大2016年ドラフト1位

 

2017年成績

 

     全試合       カープ戦

登板数  22          4

投球回  123回2/3      18回1/3

勝敗   10勝6敗      0勝2敗

防御率  3.57        4.91

 

 

 

 

球種配分

 

規定投球回には届いてませんが二桁勝利をあげ防御率も3点台なので新人王を争うでしょう。

 

ストレートとチエンジアップがいいという印象の投手です。

被打率を見るとスライダー、カーブが高くフォークが低い傾向です。

 

カープ戦には数字が示す通り勝ててませんし、防御率も良くありません。

特に右打者を並べるまでもなく普通にやれば攻略出来ると思います。

 

もし第2戦が雨天中止になればベイスターズは濱口をスライドさせずに井納を先発させるのではないでしょうか。

 

 

 

 

広島東洋カープ

野村 祐輔

19 投手

 

のむら・ゆうすけ
1989年6月24日生  身長177cm  体重82kg  右投 右打
広陵高 - 明治大
2011年ドラフト1位

 

 

     全試合       ベイスターズ戦

登板数  25         6

投球回  155回1/3      39回

勝敗   9勝5敗       3勝1敗

防御率  2.78        3.00

 

 

球種配分

 

この投手の配球はかなり珍しいでしょう。

ストレートの割合が2割に満たないのです。

 

6つの球種を投げますがどれもほとんど配分が変わりません。

特別な決め球もないけどどの球もそこそこいけるという珍しいタイプです。

 

そして、コントロールが良いので集中打も余り浴びずゲームを作れる先発投手です。

勝ち星こそ昨季ほどあがってませんが、今季も安定した投球を見せてくれました。

 

後はもっと長いイニングを任される投手になることですね。

マエケンは毎年の様に200イニング前後投げてましたから彼を目指して欲しいですね。

 

 

10/19に第2戦が予定されていますが、もしこの日のゲームが流れれば私は第2戦の先発投手がベイは井納、カープはそのまま野村のスライドと予想します。

 

 

いい天気でゲームさせてあげたいですね。

皆さん、祈りましょう。

 

では、また。